ホーム > 独り言 > 自信を得る!

自信を得る!

コンピュータのディスプレイの前に座り、つねに動いている相場を見ていると理由無くエントリーをしなければいけない衝動が生じる方も多いです。

 

だけど、ぼんやりした衝動で注文することだけは、間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、外国為替相場は終日いずれかで外国為替相場が開かれているし為替レートも常時、変動しています。

 

しかし、だからといって考え無しに注文を繰り返していると、その分マイナスになる危険性が高くなります。

 

当然の事ながら、注文の回数を積む事で、少しずつ勝ち負けの確率が半々に近づくのは事実です。

 

けれどもそれは「明確でない直感でトレード」とは話が異なります。

 

トレード回数を増やすということは自分で「ここは勝てる」と思える自信を得た状況での売買回数を増やすという意味です。

 

何となく、ひっきりなしに売買を積み重ねるのとは大きく違う。

外国為替市場の勝負に敗北しないためには、自ら主体的にメリハリをつけることが重要です。

 

「ここは勝てる」と思った為替相場の時には、迷うことなく所持ポジションを積み増して思い切り儲けを狙います。

 

「明らかに難しい市場でどうなるか読めないな」と思い至った時は、思い切って売買ポジションをすべてクローズして放置します。

これくらいの緩急をつけた方が、最終的には取引は勝てます。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

まったく言葉どおりだと思います。

FXとは、いついかなる時でもポジションを保有する事が肝心な事ではなく、ポジションを持たないでじっと見ていることも場合によっては取引です。

 

それでは、どのタイミングで、休むといいのでしょうか。

 

ひとつめは、前述の通り、直近の相場展開が難しいときです。

 

どちらにいくのか決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、自分で思ったストーリーとは逆方向に相場が変化してしまい、損してしまいます。

 

そのため、こんな場合はポジションを減らして何もしないで静観を決め込むのがいいと思います。

 

2番目に、健康状態が思わしくない時です。

体調と外国為替市場に関係がない感じる方もいると思いますが実は思ったより影響します。

体の状態がよくなければ外国為替相場の失敗できない状況で正確な決断が出来ない場合が多くなります。

関心がわかない時は、FXから離れてみるのも大事なことだ。

 


関連記事

  1. 地肌がきれいな人

    私がきれいだと思う人は、地肌が綺麗な人です。肌が日焼けしていない・出来物が出来て...

  2. アフラックの学資保険

    学資保険で毎月一万円位払っています。子供が17歳になるときに受け取れるという時期...

  3. 国際恋愛

    遠距離恋愛でなかなか会えません。わたしの彼氏はアメリカの大学に通うインド人で、付...

  4. 良いものは見れば分かります

    良いものは実際に目で見るとよくわかるということがあります。カーテンなども、通販で...

  5. 自信を得る!

    コンピュータのディスプレイの前に座り、つねに動いている相場を見ていると理由無くエ...

  6. 借金整理の手順

    任意整理というのは債務整理というように呼ばれており、おのおの貸方に対して借金の返...