ホーム > 仕事 > スプレッドの見極めを極めると

スプレッドの見極めを極めると

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして利幅を稼ぐ商品です。

 

買ったり売ったりの値段は二十四時間動いています。

 

それが為替です。

 

ラジオを聞いていると、通貨のマーケットの話題が流れます。

 

よく見かけるのが、「本日のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。

 

売り買いには買値と売値の価格が存在します。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引業者もあります。

 

普通は売値のほうが買値よりも安価に設定されています。

 

買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

 

その差をスプレッドといいFX業者の儲けとなっています。

 

スプレッドの広さは取引会社によって異なります。

 

スプレッドの狭さは自分にとって費用になるので狭いFX業者を選んだほうが優位です。

 

ただ、同じFX取引会社でも状況によってスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。

 

仮に普段はドル円のペアで1銭のスプレッドの広さとは言っても、為替の変化がかなり激しい場面では3銭、4銭になったりします。

 

という訳で、スプレッドが狭いのと合わせて、安定しているのが重要です。

 

動かないスプレッド幅を見せる取引業者も数多く存在します。

 

現実に取引業者の売買画面の上で相場を確認しなければ区別できないのでわずらわしいですが、とても大切なことです。

 

多くの投資資金を投資してエントリーするわけですから、売り買いの前に関心があるFX会社の新しい口座開設を全部して提示されているスプレッド幅を実感しましょう。

 

同じ通貨ペアでも、その時間帯の外国為替市場の条件によって、通貨ペアのスプレッドの差は異なります。

http://endai2013.meblog.biz/

おおむね、銀行間取引で流動性の高い通貨ではスプレッド幅が小さくあとの通貨ではスプレッド幅が拡大する傾向にあります。

 


関連記事

  1. メンズエステの需要

    エステに行く男性というのは、テレビに頻繁に出演する一部の方かと思っていました。け...

  2. スプレッドの見極めを極めると

    「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして利幅を稼ぐ商品です。 &nbs...